家出少女はなぜ家出を続ける?神待ち少女と知り合える場所や援助額

家出したいお年頃?


今現在、家出をしているという人は数え切れないほどいると思います。その大半が少ししたら家に帰るわけですが、そうではなく、自分でお金を稼いだり友達の家に泊めてもらったりして、長期にわたり家出を続ける人もいます。そういった人には、どちらかといえば女性が多いですね。それはなぜかというと、女性のほうがお金を稼ぎやすいからです。早い話が、援助交際をすれば、家出のための資金を得ることができるんですね。そのため、女性の家出は長期間になる傾向が強いといえます。

しかし、援助交際というのは、自分好みの男性とセックスができるわけではありませんから、普通に考えれば、それに踏み出すのには相当の勇気が要りますよね。なぜ彼女らはそうまでして家出を続けようと思うのでしょうか。その理由は、彼女らの反抗心にあると思います。

家出をするということは、つまり実家暮らしであるということ。ひとり暮らしの女性が家を出ても、家出にはなりませんよね。実家に暮らしていて、誰かの庇護のもとにある。そこを抜け出すことが「家出」です。そう考えると、実家暮らしなわけですから、家出をする女性には10代20代の若い女性が多いということになりますよね。

みなさんは、10代くらいのとき、親のことをどう思っていたでしょうか。うるさいなとか、関わりたくないとか、さっさと家を出てひとりで暮らしたいとか、そのように考えたことはありませんか? 家出をする若い人は、みんなそれと同じような思いを抱えているのです。その思いがあまりにも強かった場合、彼女らは家出という形で自分の意思を示し、親からの自立を図ろうとするのです。

まあ、将来それが若気の至りだったと気づくことにはなりましょうが、いま現在は、彼女らはそれが正しいことだと信じています。家出は思春期特有の病気かなにかと考えておくのがよいかもしれません。

普段から親に反発し、自由に暮らしたいと考えているため、ひとたび自分ひとりで生活を始めると、その開放感に家出女性の誰もが魅了されます。また、援助交際は大概楽して稼ぐことができますので、特に苦労もせずに自分の好きなことができるのです。たとえ好みでない男性に抱かれるのでも、家出を続けるうちに、今の生活を失いたくない、苦労するのは嫌だという気持ちが強くなってきて、それが結果長期間の家出につながるんですね。

親と一緒に暮らしているときは、何時には帰ってこいだとか、無駄遣いはするなとか、ちゃんと勉強しろ、あの友達とは付き合うな、色々なことを言われると思います。しかしそれがなくなったうえに、お小遣いとは比にならないほどの額を、短時間で稼ぎ出すことができるのです。そういった世界を知らずに生きてきた若い者にしてみれば、それはひどく魅力的であることでしょう。

家出少女が集まる場所

そのようにして家出を続ける女性のことを「家出少女」と呼ぶことがあります。20代だと少女とは言いがたいですけれども、統一的に彼女らを呼ぶ名前として家出少女という言葉が用いられますね。そんな彼女らとは、いったいどこに行けば知り合えるのでしょうか。この記事で読まれているあなたは、家出少女と会うことにきっと興味があるのだと思います。それではどうするか。

家出少女と知り合う方法はいくつかありますが、最も効率が良いのは出会い系サイトや出会いアプリですね。その次に神待ち掲示板といったところでしょうか。出会い系サイト、アプリについてはみなさんもご存知と思いますが、では神待ち掲示板とはなんなのか、ここで一応説明しておきたいと思います。

まず「神待ち」という言葉についてですが、これは自分を支援してくれる存在=神を待っている状態のことを意味します。家出をしている少女が、援助交際の相手を探している、このことを「神待ち」というんですね。現在では単にお金に困っている少女が援交相手を探すときにもこの言葉が用いられますが、本来は家出をしている少女が使う言葉です。そこに掲示板をくっつけると、神を探す、募集する掲示板を意味します。つまり援交の相手を探すためのネット掲示板のことを神待ち掲示板というのです。

それでは、出会い系と神待ち掲示板はどのようなところに違いがあるのか。以下にそれぞれの特徴をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

出会い系サイトおよび出会いアプリ

同じ出会い系でも、出会い系「サイト」と「アプリ」では多少中身が異なります。出会い系サイトはブラウザを用いて出会いを探すというものとなります。出会いアプリのほうは、アプリケーションをダウンロードして、その後登録を済ませ、利用の際はそのアプリを立ち上げるという形になりますね。

ただ、異性の探し方それ自体は両者とも同じです。たとえばプロフィール検索の画面を開いて、フリーワードに「神」と入れて検索してみるとか。あるいは掲示板に書き込みをしている家出少女にメールを送ってみるとか。そのような探し方をします。

出会い系は基本的に有料であり、優良サイトやアプリであれば、メールの送信が1通50円程度、読むのは無料で、連絡先の交換も自由(無料)となっています。大体3000円もあればじっくり相手を探すことができますね。

出会い系サイトやアプリのメリットは、絶えずそこに人が出入りしていて、いつでも出会いが得られるということです。また、相手の年齢が18歳以上であることがほぼ確定しているのも嬉しいですね。逆にデメリットといえば、やはりお金がかかってしまうことでしょうか。しかし出会い系ほど効率的に出会いを探すことのできる場所は他にないので、それが数千円程度で充分活用できるというのなら、むしろ安いくらいだと私は思います。

家出少女というのはお金に困っているわけですから、あまり相手は選びませんし、援助するといえばすぐ会えることがほとんどです。サイト利用にお金がかかりすぎるということはないと思います。

神待ち掲示板

それでは神待ち掲示板はどういったところなのか。まず覚えておいていただきたいのは、神待ち掲示板は「神待ち掲示板」とそのままの名前で存在しているわけではないということです。ネットで神待ち掲示板と検索するとその手のサイトがいくつか出てくると思いますが、それら神待ち掲示板などといった名前を掲げているサイトは、そのほとんどがネット掲示板ではなく「出会い系サイト」です。

なぜそのような名前をつけるのかというと、ネット掲示板のような雰囲気を演出することで、登録利用ともに無料といったイメージを与えることが可能であるからです。また、神待ち少女と出会えるという触れ込みが、男性会員の獲得に寄与することは言うまでもないでしょう。要するに、そのような名前を冠した出会い系サイトは、少なからず、男性を騙そうとする意図を持っているのです。

本当に使える、本来の意味での神待ち掲示板というのは、もともとは別の目的に使われていたネット掲示板が、過疎などを理由に管理人に放置されたものです。出会いを求める発言は一応禁止されてはいるけれど、書き込まれても削除されることがない、あるいはその対応がきわめて遅い。そのような掲示板が、穴場スポットのような感じで、家出少女や彼女らを支援しようという男性に利用されだす。それが真の神待ち掲示板であるわけですね。

したがってこれを見つけるのは簡単なことではありません。ですが、もし見つけることができれば、登録不要で、お金をかけずに家出少女と知り合うことができるんですね。これは神待ち掲示板で相手を探すメリットです。

しかしその一方で、それらの掲示板は出会い系ではありませんから、利用者の年齢確認を行っておらず、18歳未満の少女が出入りしている可能性が高いというデメリットもあります。児童買春はバレると洒落にならないので、控えたほうがよいでしょう。神待ち掲示板を利用する際には、その女性が本当に18歳を超えているのかどうか、自分自身で確認しなければならないのです。それもちょっと面倒ですが、仕方ないですね。怪しいと思ったら必ず身分証を見せてもらうようにしてください。

以上のように、家出少女と知り合いたいと思ったら、出会い系か神待ち掲示板を利用するのが吉です。とりあえず出会い系で相手を探しながら、神待ち掲示板を探していくというやり方でいいと思います。

援助の金額はどのくらい?

家出したいと思っている女性、あるいは家出をしている真っ最中の女性。彼女らとセックスをするには、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。家出少女、神待ち少女なら、ご飯をおごるだけで、あるいは家に泊めるだけでセックスができるなんて話、よく聞きますよね。あれは本当なのでしょうか。

はっきり言いまして、そういう事例は全体の1%にも満たないと思います。だって「お金に困ってます」「助けてください」と掲示板に書き込めば、多数の男性が連絡をしてくるのですから。泊めてあげるしお金もあげると言ってくれる男性と、泊めてあげるからエッチさせてと言う男性。果たしてどちらを選ぶでしょうか。言うまでもありませんよね。

もしその家出少女のもとに、たった一人の男性しか立候補しなかったら、泊めるだけ、おごるだけでセックスできるということもあるかもしれません。複数の出会い系サイト、神待ち掲示板で何度も書き込みをしたけれど、助けてくれるのがその男性一人しかいない。そういう事態に陥れば、お金は諦めるかもしれませんが、そんなことは現実にはありませんので。したがって家出少女と会うときには、きちんとお金を用意しておくようにしてください。

援助額の相場は、ホテル代別で2万円といったところ。自宅に泊めてあげるのなら宿泊代は要りませんね。また2万円という額は、その女性の年齢や今おかれている状況によって上下します。すぐにでもお金を手に入れないと厳しいという女性は、相手を早く見つけるために金額を下げるでしょう。逆に今友達の家に泊めてもらっているなどして、ある程度余裕のある女性は、2万円かそれ以上の額を提示してくると思われます。また、若ければ高く、年配であれば安くといった傾向もありますね。

なるべく安くセックスしたいと思ったら、とにかくお金がなくて困っているという切羽詰った状況にある子を狙うのがポイントですね。もちろん熟女を狙うのもありですが、それだと神待ち出会いの趣旨からは若干それてしまいそうです。

神待ちカカオってどうなの?


さて、お金を用意したら、いざ家出少女を探してまいりますが、神待ち女性が集まる(とされている)アプリとしてひとつ有名なものがあります。それは神待ちカカオです。名前からしていかにも神待ち中の女性と出会えそうですが、これは果たして使えるのか。

実際に使ってみた私の感想としては、はっきり言って「微妙」ですね。無料のアプリであるためか、アドレス回収業者、他サイト誘導業者が多数まぎれこんでおり、素人の女性を見つけるだけで一苦労です。登録しておいて損はないと思いますが、メインはやはり有料の出会い系にしたほうが良いと思います。

PCMAXワクワクメールなど、業者の排除もきちんと行っている、サクラなしで会えるサイト・アプリはいくつか存在しますので、そういったところで出会いを探していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ